GLOBAL ARCHITECTURE DESIGN
本文へジャンプ
○共同住宅(マンション)大規模修繕の時期になっていませんか?   
○管理会社に任せっきりになっていませんか? 
○劣化したものを物理的に維持・回復させるだけになっていませんか? 
 
■ 適正判断 ■
時代とともに性能や機能の水準は向上しています。 
改修の際に基準を現代のものに合せることで、付加価値を付けられます。 
  例えば...
  防犯性能(オートロック、防犯カメラの設置等)を充実させる。
  ・バリアフリー社会に対応(段差の改善、手摺の設置等)する。
  ・エントランス(宅配ボックスの設置、デザイン、仕上げ等)を改良する。
    ・断熱性能(結露対策、省エネ仕様にする等)を上げる。
  ・敷地内の設備(集会場、駐輪場、バイク置場等)を拡充
    ・外観デザインのイメージアップ 
  ・その他日頃気になっていること、近隣の新築マンションに比べて、
     物足りないと思っていることを改善する。
     
     それが大規模修繕というチャンスです。
     
     
■ 監理 ■
修繕工事が設計や契約図書通りに行われているかをチェックする必要不可欠な
作業が監理です。施工会社とは別に管理組合様が委任した第3者がこれを担う
事により、大規模修繕というチャンスを確実なものにします。
     
     
  弊社では大規模修繕をより満足の出来る結果にする為にマンションの 
  設計経験を生かし、見積段階からの適正判断、ご相談を承っております。 
  お困りの事、何でもご相談ください 
  ご連絡はこちらまで⇒   
   

GLOBAL ARCHITECTURE DESIGN

 

copyright(c) GADesign web site allrights and reserved since 2009

マンションの大規模修繕の適正判断・監理